2019年11月22日金曜日

JR九州3年半ぶりの新観光列車!黒い787「36ぷらす3」とは?


JR九州は、昨日2019年11月21日(木)、新しい観光列車(D&S(デザイン&ストーリー)列車)「36ぷらす3」を約3年半ぶりとなる、2020年に秋に運行を開始すると発表した。(画像は車両イメージJR九州提供、787系電車6両編成、全席グリーン、定員100名程度予定)

九州のすべてが、ぎゅーっと詰まった”走る九州”といえる列車で、これまでのD&S列車とはひと味違った、新たな旅の楽しん型を提案しているとのことで楽しみだ。

列車名は、「36ぷらす3」(さんじゅうろくおぷらすさん)で、世界で36番目に大きい島、九州全県を巡る5つのルートに、九州を楽しむ35のエピソードをぎゅーと詰め込んでいるので、自分で36番目のエピソードを語ってもらいたいという想いを込めていて、ぷらす3は、この列車で、驚き、感動、幸せを「お客さま、地域の皆さま、JRの方々」でひとつになって、39(サンキュー!)=「感謝」の輪を広げていきたいという想いがこもっている。

運行ルートは下地図参照(JR九州提供)


上記は取材日時点の情報です。

ダイヤ、運転日、販売方法、サービス概要などについては、詳細が決まりしだい順次お知らせするとしている。