2020年3月9日月曜日

旧門司競輪場跡地「20階建てマンションと戸建て20戸」計画

旧門司競輪場跡地

「20階建てマンションと戸建て住宅20戸」計画

自然と調和のとれた街づくり


旧門司競輪場跡地(福岡県北九州市門司区不老町一丁目1番12)の一角に、2023年6月完成予定で、20階建てマンションと戸建て住宅20戸が建つことが決まった。(画像はイメージ図、北九州市提供)

北九州市が進めていた、モデルプロジェクト再配置計画(大里地域)「居住ゾーン」の開発事業者として、第一交通産業と第一ホームが開発を担うことが決定したことによるものだ。

計画では、コンセプトは「自然と調和のとれた街づくり」、概算事業費31億6,000万円、事業スケジュールは令和2年10月~令和5年6月、共同住宅80戸(20階建、延床面積平均78.97㎡/戸)、戸建住宅20戸(土地面積平均173.37㎡/戸)、生活利便・支援施設として商業テナント(物販店舗)(土地面積5,316.11㎡、延床面積2,051.24㎡)を予定している。

門司駅近くで仕事をお探しの方はこちら→「門司駅」近くの求人情報一覧

上記は取材日時点の情報です。

大規模造成工事が始まっていますね。 旧門司競輪場跡地 20階建てマンション、戸建て20戸、ディスカウントストア「ダイレックス門司大里公園店」ほか計画 https://www.newskitaq.com/2020/03/2020.html https://www.newskitaq.com/2021/02/jr.html

かいヘイ!KitaQさんの投稿 2021年2月7日日曜日