2020年5月25日月曜日

2022年で閉館「カボチャドキヤ国立美術館」


「カボチャドキヤ国立美術館」閉館計画


「カボチャドキヤ国立美術館」(福岡県北九州市門司区谷町2-6-32)が、2022年5月5日で閉館する。

閉館する前に、そんなのがあったの?という方もいるかも知れません。

もとは三菱倉庫という会社が社員の保養所として使っていたというこちらの建物。

大正7年の建築だそうで、細かい彫刻が施されていたり今ではあまり見られないガラスが使われていたりと、建物自体もじっくり見る価値がある。

展示は、トーナス・カボチャラダムス館長が描いた、とんでもなく緻密な絵で、描かれる人たち一人一人に物語があるので、何度見ても見る度に新しい発見があったりして楽しい。

緻密な絵の中にアクセントとしてドラえもんが描かれていたり、遊び心もあるすてきな絵がたくさんある。

閉館までまだ時間があるので、ぜひ一度行ってみることをおススメします。

営業時間は11:00~16:00、開館日は土曜日と祝日(または振替休日) 、入館料大人:300円、中高生:100円、小学生以下無料。

上記は取材日時点の情報です。







注目情報