2020年9月7日月曜日

西部ガスFC事業参入1号店を北九州市に出店計画「韓丼 北九州黒崎店」

西部ガスが、グループ事業の新たな収益基盤の構築を目指し、食関連のフランチャイズ事業に参入することを発表した。(写真は店舗イメージ、西部ガス提供)

フランチャイズ事業の1号店は、株式会社やる気(本社:京都市伏見区、社長:大島 聖貴)が展開するカルビ丼とスン豆腐専門店「韓丼」を、2020年12月オープン予定で、北九州市八幡西区黒崎地区(下地図参照)に出店する。

同店舗は新型コロナウイルス対策を考慮した設計をしており、開業は2020年12月を予定している。

韓丼は、全国に55店舗(2020年7月末日現在)を展開する焼肉ファーストフードブランド。

西部ガスグループ中期経営計画「スクラム2022」では、ガス事業との親和性の高い食関連事業を着実に推進していく方針だ。

店舗概要

【店名】韓丼 北九州黒崎店
【住所】北九州市八幡西区茶売町1-3
【営業時間】11:00~23:00(L.O.22:30)予定
【席数】52席
【駐車場】17台
【開業】2020年12月予定

西部ガスグループは、「このたびのフランチャイズ事業への参入により食関連事業の拡大を目指すとともに、これまで当社グループになかった新たな運営ノウハウを吸収することで、サービス品質や事業効率の向上を図ります。今後もグループ価値のさらなる拡大を図り、お客さまから圧倒的な信頼をいただくエネルギーとくらしの総合サービス企業グループを目指してまいります。」としている。

上記は取材日時点の情報です。

0 件のコメント:

コメントを投稿