2020年11月24日火曜日

折尾駅「新駅舎」大正5年当時の姿を再現して1月開業

大正5年当時の姿を再現した「折尾駅舎」(福岡県北九州市八幡西区堀川町1-1)が、2021年1月2日(土)開業する。(画像等は全てJR九州提供)

折尾駅は1891年(明治24年)に開業し、かつては鹿児島本線と筑豊本線が十字に交差する立体交差駅で、筑豊炭田と若松港を結ぶ石炭の要衝として賑わいました。

このたび、交通環境改善を目的とした折尾地区総合整備事業に伴い、1916年(大正5年)に建設された旧折尾駅舎の外観を可能な限り再現した新駅舎を使用開始します。

新駅舎完成に併せて、鹿児島本線のホームの位置が変わります。

このため、2021年1月1日(金)の夜に大規模な切替工事を行いますので、運休列車が発生するとともに、臨時列車を運転します。

 

折尾駅(新駅舎)切替について

使用開始日

・2021年1月2日(土)始発列車から

主な変更点

・新駅舎内の改札口が1箇所となります。

※北口、東口、西口のきっぷうりば及び改札を廃止します。

※鷹見口は現状から変更ありません。

・きっぷうりば(みどりの窓口)は、新駅舎内の1箇所となります。

・鹿児島本線新ホーム(4番・5番のりば)を使用開始いたします。

・新駅舎完成に伴い、鹿児島本線と福北ゆたか線及び若松線の乗り換えが短縮されて便利になります。

・鹿児島本線のホームにエスカレーターを設置します。

注意事項

・現在の北口(仮駅舎)裏に新駅舎を設けるため、駅への入出場や鷹見口までの動線をご確認ください。

・2021年1月1日(金)の夜間、大規模な切替工事に伴い、運休列車が多数発生します。切替当日のお知らせは別紙をご参照ください。

スケジュール

・2021年1月新駅舎使用開始

・2021年度折尾駅全線高架化完了予定

・2022年度北口駅前広場完成予定

・2024年度南口駅前広場完成予定

 

新駅舎使用開始に伴うお客さま動線の変更


 
(参考資料:北九州市発表)

資料1折尾駅新駅舎について

資料2新駅舎改札口への歩行者経路の案内図

 

上記は取材日時点の情報です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報