2021年2月15日月曜日

官営八幡製鐵所が昭和2年開館!経済産業省「近代化産業遺産」選定「大谷会館」閉館計画!今後は?

官営八幡製鐵所(現:日本製鐵)の従業員クラブとして、1927年(昭和2年)に開館した「大谷会館」(福岡県北九州市八幡東区大谷1丁目2-4)が、2021年3月末で閉館を計画している。

地元の不動産会社「株式会社 芳賀」が運営を受託し、企業の会食や結婚披露宴などで利用されていたが、新型コロナウィルス感染拡大で売り上げが激減し、建物も老朽化していることから閉館を決めたとのことだ。

大谷会館は、2007年に八幡製鐵所の東田第一高炉などとともに、経済産業省の「近代化産業遺産」に選ばれている。

今後の活用については未定という。

上記は取材日時点の情報です。

0 件のコメント:

コメントを投稿