2021年2月5日金曜日

観光バス激減で?萩近海で獲れる新鮮な素材を使った萩伝統の焼き抜き製法による蒲鉾「村田蒲鉾店 門司店」閉店計画


国道199号線沿いの「門司シーサイド商業施設」(福岡県北九州市門司区西海岸3丁目179番地4)内の「村田蒲鉾店 門司店」(福岡県北九州市門司区西海岸3-4-45)が、2021年2月16日(火)で閉店を計画している。

株式会社村田蒲鉾店は、山口県萩市に本店のある、萩近海で獲れる新鮮な素材を使った、萩伝統の焼き抜き製法による蒲鉾の製造販売店だ。

焼き抜き製法とは、すり身を成型したのち、板の下からじっくりと焼き抜く独自の製法で、村田蒲鉾店では、創業から守り継がれる焼き抜き製法を頑なに守り、しなやかで粘りのある食感と魚の豊かな風味が際立つ味わいを 育み続けている。

コロナ禍の前までは、村田蒲鉾店の店先には、大型バスから観光客と思われる団体が店に入っていく姿が見られていたが、この1年はそのような光景が見られなくなっていた。

やはり新型コロナウィルスの影響で閉店するのかな?

筆者は、8年前にオープンした時から利用していて、蒲鉾はもちろんだが、この店のちくわが好きで、そんなに頻繁ではないが、わざわざ買いに行っていた。

店頭には、村田蒲鉾店門司店 閉店のお知らせとして、「平素より当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。当店は誠に勝手ながら、諸般の事情により令和3年2月16日をもちまして閉店することとなりました。約8年間、賜りました皆様のご愛顧を心から感謝申し上げます。誠にありがとうございました。」といった内容の貼紙があった。 

門司店閉店後は、山口県萩市に3店舗と、山口県下関市に1店舗の、計4店舗になる。

村田蒲鉾店 門司店がある「門司シーサイド商業施設」は、2018年12月にオープン、JR九州ビルマネジメント株式会社が運営している。

現在、「ホームプラザナフコ 門司シーサイド店」や、「餃子の王将 シーサイド門司店」、「マクドナルド 門司シーサイド店」、手打ちうどん「う徳」、「博多一番どり」などが並び、平日のビジネスドライバーや休日のレジャー、ショッピングのニーズに応えた施設となっている。

上記は取材日時点の情報です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報