2021年4月19日月曜日

銀行内にサンドイッチショップ「北九州銀行 八幡中央支店」新築移転計画


株式会社山口フィナンシャルグループの子会社「株式会社北九州銀行」が、「北九州銀行  八幡中央支店」の新築移転を行うことを発表した。(イメージは山口フィナンシャルグループ提供)

新店舗には、サンドイッチショップを店舗内に併設し、マルシェやワークショップといったイベントを開催、地域に賑わいを呼び込む店舗とすることを目指す。

 

新築の目的

当社は、中期経営計画2019で掲げる目指すべき姿『地域価値向上会社』として、銀行店舗でのデジタル化の推進や、相談拠点・地域活性化に資する店舗への変革を行うこととしており、当店が開設以来、約55年に渡り北九州市八幡東区中央商店街の一角で営業を行ってきていることから、当店舗を活用して地域への賑わいを創出し、当地域の課題解決を図ることを検討してまいりました。 

この度、北九州市八幡東区でベーカリーショップ「Bakery Tender(ベーカリーテンダー)」を運営する五間岩 純氏と協業し、同氏が運営するサンドイッチショップを店舗内に併設するとともに、マルシェやワークショップといったイベントを開催し、当地域に賑わいを呼び込む店舗とすることにいたしました。 

また、銀行においては、従来の店舗とは異なる窓口カウンターレスを取り入れ、落ち着いた空間で企業経営全般に関することや相続(信託)、資産運用等に関することなど、幅広い分野でのご相談を承る相談特化型店舗として営業いたします。 なお、本件は北九州銀行としては初めてとなる、異業種とのコラボレーション店舗となります。 

 

今後のスケジュール及びATMのご利用可能期間について

八幡中央支店は、2021年夏ごろのオープンを予定しています。 

また、当支店の元の位置の建物内で稼働しておりましたATMにつきましては、新店舗建設工事のため終了いたします。


五間岩 純氏及びBakery Tender(ベーカリーテンダー)について

五間岩氏は、北九州市八幡東区でベーカリーショップ「Bakery Tender(ベーカリーテンダー)」を創業され、砂糖を極力使用せず小麦粉の甘さで生地を仕上げる製法で、地域の方から愛されるパンを長年作っておられます。 

八幡中央支店では、地元野菜を使用したサンドイッチやフルーツサンドなどを販売いただく予定としております。

 

上記は取材日時点の情報です。

0 件のコメント:

コメントを投稿