2021年6月2日水曜日

こんぺいとうカフェのもう一つの顔、神戸発の和洋菓子本舗「恋寿華堂」が門司に期間限定でオープン


「スパイシーモール門司」(福岡県北九州市門司区下馬寄2番27号)1階にあるスーパーマーケット「アルク西門司店」に、2021年6月1日(火)~6月6日(日)までの期間限定で、神戸発の金平糖・和洋菓子本舗「恋寿華堂(れんじゅかどう)」がオープンしている。(写真は6月1日撮影)

手作業で一粒一粒丁寧に、虹色に瓶詰めしたキラキラの金平糖が人気の店で、色ごとに味が異なる金平糖は家族みんなで楽しめるお菓子だ。

九州唯一の金平糖専門店こんぺいとうカフェのもう一つの顔である「和洋菓子本舗 恋寿華堂」は、お菓子の街である神戸発の新ブランドで、ラスクや手焼き煎餅などを金平糖とコラボさせ商品開発、販売している。

大人気の新商品しっとりバームクーヘンも販売されてて、1つ324円(税込)、5個セットで1080円(税込)だった。

その他、大分県別府温泉で共同開発した「手焼きはちみつせんべい」をはじめ、数多くの和洋菓子が販売されている。

「恋寿華堂」という屋号には、恋が実りしあわせに華咲くという恋愛成就の意味が込められているとのことで、金平糖専門店(こんぺいとうカフェ)として、福岡、長崎、大分、山口、熊本、広島、兵庫、鹿児島、名古屋、大阪、静岡にて催事出店及び卸販売を行い、北は札幌から南は沖縄まで全国32店舗展開中とのことだ。 

恋寿華堂は2018年9月に和洋菓子本舗の新ブランドとして神戸大丸店(現在は閉店)にグランドオープンし、その後は金平糖専門店出店内に恋寿華堂ブランドとして販売している。 

上記は取材日時点の情報です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報