2021年7月1日木曜日

西鉄バス「駅から100円・駅まで100円バス」150円に値上げ


西鉄バスが、「駅から100円・駅まで100円」バスを、本日2021年7月1日(木)から150円に値上げする。(写真は筆者撮影)

北九州市内では、小倉駅・黒崎駅・折尾駅から近距離(約1km)にあるバス停間の利用運賃が100円(小人・割引運賃は50円)だったが150円となる。

その他にも、北九州都市圏1日フリー乗車券(紙券)が800円から1,000円に値上がりするほか、グランドパス65も価格改定される。

西鉄は、「西鉄バスをご利用いただき誠にありがとうございます。昨今の新型コロナウイルス感染症の影響により、弊社のバス事業も大幅な利用減少が続いており、非常に厳しい収支状況です。収支改善策として、コストの削減等を実施しておりますが、抜本的な解決には至っておりません。弊社は、地域のバスサービスを担う企業として、“ポストコロナ”社会においてもサービスを維持していくことが、社会的役割であると強く認識しております。公共交通事業者として地域のお客さまのお役に立ち続けるために、大変心苦しいのですが、「一部運賃の値上げ」「商品・サービスの改廃」を実施させていただきます。何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。」としている。

詳しくは、西鉄バスホームページ「【7/1~】商品やサービスの改定・廃止・値上げ(グランドパス、100円運賃など)」をご覧ください。

上記は取材日時点の情報です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報