2021年7月11日日曜日

子どもも遊べる広場新設「ボートレース若松」西スタンド大規模改装計画

北九州市は、「ボートレース若松」(福岡県北九州市若松区赤岩町13−1)の西スタンド(約2600席)を大規模改修し、子どもも遊べる広場を新設する計画だ。(写真上は西スタンドのボタニカルカフェ、写真下はイベントホール、共に北九州市提供)

現在の西スタンドは、4階までの吹き抜けと大型映像装置を備え、タレントによるステージショーなど様々なイベントが開催されるイベントホールや、水面側が全面ガラス張りになっている明るく緑に囲まれた居心地の良いカフェ、また4階には有料席で1名様に1台の専用モニターが設置されたロイヤル席もある。

その他、西スタンドには、炭火で焼き上げた焼き鳥や旨からあげ「炭火やき鳥 かっぱ」や、小倉発祥の焼きうどん「洞海うどん」、からみそだれを付けて食べる丸天「ターンマーク」などグルメも楽しめる。

ボートレース若松はインターネット投票が好調で売り上げが伸びている反面、来場者数は減少していることから、家族連れや女性も楽しめる施設に刷新し、ファンの拡大や固定化につなげたい考えだ。

上記は取材日時点の情報です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報