2021年7月22日木曜日

西日本初!スペワ跡地に英語教育体験型施設「北九州グローバルゲートウェイ」開設計画


スペースワールド跡地に建設中の「(仮称)八幡東田プロジェクト施設」(福岡県北九州市八幡東区東田四丁目1番)内に、セイハネットワーク株式会社が、西日本エリア初となる英語教育体験型施設「(仮称)北九州グローバルゲートウェイ(以下、KGG)」を、2022年春オープン予定なのがわかった。(イメージ画像はセイハネットワーク提供)

KGGは、「北九州から世界へ」をキーワードに「子ども達の未来に寄与する英語体験」を実施するために、日本にいながら海外の雰囲気で非日常的な空間の中で英語を体験し、学ぶことができる西日本エリア初の施設となっている。

平日は、小学生~高校生を中心に福岡県、九州全域さらには全国からも修学旅行などと一緒に多くの生徒様を招き、「体験型英会話レッスン」をご提供。

週末や祝日は、幼児から大人までの方々を含めさらに多くの方にご体感いただける施設だ。

施設の中では、例えば海外のレストランを模した施設の中で、子供たちが直接外国人のウェイターに英語でオーダーをとる、といった、教室では実施が難しい体験をすることができる。

現在、東京都江東区で営業している「Tokyo Global Gateway(以下TGG)」と提携し、TGGの運営スタイルや授業メソッドを活用する。

KGGは、JR鹿児島本線「スペースワールド駅前」に完成し、駐車場は(仮称)八幡東田プロジェクトの駐車場や近隣も含め約6,500台を駐車できアクセスも便利だ。

[セイハネットワークとは]
1985年(昭和60年)創業、福岡市博多区に本社を置き、英語教室運営を中心に展開。主に大手ショッピングセンター内に全国で約800の教室を運営し、約74,000人の生徒が通う人気教室「セイハ英語学院」を主体に「ヒルトップ」「そろばん教室88くん」「セイハダンスアカデミー」「パパイヤ式キッズダンスアカデミー」「プログラミング教室ぴこラボくん」などの教室運営やオンライン英会話「UPトーク」や留学事業などを展開している。

上記は取材日時点の情報です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報