2021年8月26日木曜日

小倉で57年!福岡を代表する老舗料亭「稚加榮 小倉店」閉店計画


昭和39年小倉にオープンして今年で57年、今では知らない人はいないであろう一番有名といっても過言ではない老舗料亭「稚加榮 小倉店」(福岡県北九州市小倉北区堺町1丁目4-26)が、2021年8月29日(日)で閉店することが、かいヘイ!KitaQ公式Twitterの読者からの情報でわかった。(写真は9月1日撮影)

稚加榮 小倉店は、「日頃より稚加榮をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。誠に勝手ながら、令和3年8月29日をもちまして、稚加榮 小倉店を閉店することとなりました。昭和39年開業以来、長きにわたり多くのお客様にご愛顧いただきましたこと、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。尚、稚加榮 福岡店は今後も営業を続けてまいります。今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。」としている。

もちろん筆者も何度か訪問したことがあるが、小倉の飲食街のど真ん中で、これだけ広く大きな建物が、閉店後はどうなるのか?

読者さま情報提供ありがとうございます。

情報提供は自薦他薦問いません。


お店をPRしたい方や、知り合いの店を応援している方、いつも通る道沿いでオープン予定を見かけたといった方など、なんでも大歓迎です。

よろしくお願いします。
 
上記は取材日時点の情報です。
 


1 件のコメント:

  1. えーっ!残念でなりません。
    コロナがなければこんなことも無かったろうに。
    全国各地で老舗飲食店閉店が相次いでいるのは
    ほとんどがコロナの影響。
    早く終息して欲しいとつくづく思います。

    返信削除

注目情報