2021年9月15日水曜日

北九州市の公共施設「旧古河鉱業若松ビル」指定管理者「中央興産」倒産!即指定取消し今後は

北九州市の公共施設「旧古河鉱業若松ビル」(福岡県北九州市若松区本町1-11-18)の指定管理者「中央興産株式会社」(福岡県北九州市若松区浜町1丁目19-9)が、2021年9月14日(火)付けで、福岡地方裁判所小倉支部へ破産手続開始の申し立てを行って倒産した。(写真は北九州市提供)

それに伴い、北九州市は同日付で「中央興産株式会社」の指定取消しを告示した。

北九州市によると、2021年8月31日付で、会社の経営状況の悪化により、今後の旧古河鉱業若松ビルの管理業務が困難であるとの報告があったため、協議のうえ、9月9日付で指定管理者の指定取消しを行ったとのことだ。

今後について北九州市は、当面の間は北九州市直営での管理運営を実施し、速やかに次期指定管理者の公募・指定に向けた手続きを行う予定としている。 

中央興産の関連で、からあげ店やガソリンスタンド、リサイクルショップがあり、筆者もリサイクルショップにはかなりお世話になっていることから、問い合わせてみたが、今のところ営業されているようでホッとした。

上記は取材日時点の情報です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報