2021年10月13日水曜日

ちょっとスペシャルでわくわくするパンを折尾から東京へ「マイニチパン」閉店東京移転計画

折尾駅すぐの路地裏にあるベーカリー&ロースター「マイニチパン」(福岡県北九州市八幡西区折尾4-7-3)が、2021年11月中旬ごろで閉店を計画している。(写真はイメージ)

閉店後は、12月頃のオープン予定で「東京」進出を計画しているとのことだ。

個性豊かな国産小麦と天然酵母でつくる低温長時間発酵のこだわりのパンと、それに合うよう厳選して焙煎したコーヒーを作っていて路地裏にあるが、知る人ぞ知る人気のパン屋さんだ。

マイニチパンは、店舗移転のお知らせとして、「皆様いつも当店のパンとコーヒーをご贔屓にして下さりありがとうございます。開店から3年目を迎えた今年、当店はお世話になった折尾の地を去り、東京へ移転いたします。前々から計画をしておりましたがコロナ禍の中、中々上手く進まず先日やっと諸々目処がつきましたのでご報告させていただきます。折尾の現店舗の営業は11月中旬頃、東京の新店舗は12月頃オープンを目指しております。」としている。

折尾からいきなり東京進出とは素晴らしいですね。

折尾の店が閉店してしまうのは寂しいですが、東京でも大人気店となって、発祥は「北九州市」と言っていただければ嬉しいです。

上記は取材日時点の情報です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報