2021年11月8日月曜日

産業医科大学「急性期診療棟」新築工事開始


「産業医科大学」(福岡県北九州市八幡西区医生ケ丘1-1)が、急性期診療棟の新築工事を開始した。(画像等は産業医科大学提供)

コンセプト
・急性期医療の機能強化⇒効率的な部門連係と迅速な動線の確保
・成長と変化への柔軟な対応
⇒既存棟との連携を考慮・機能拡張の確保・省エネに配慮した計画
・医療環境の充実⇒患者・スタッフの安全を守り、心地いい施設づくり
・大学病院機能を特化⇒臨床研究・実習及び生涯教育の視点からの施設計画
・災害に強く、サスティナブルな建築
⇒BCP(事業継続計画)を支援し、ライフサイクルコストを低減する施設計画

建物概要

・構造:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造 免震構造
・階数:地上5階建て
・床面積:約21,782㎡



上記は取材日時点の情報です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報