2021年11月15日月曜日

門司港に弟分?サムギョプサルも韓国料理専門店「トンセン」オープン

門司港に韓国料理「トンセン」(福岡県北九州市門司区栄町6-23)が、2021年11月6日(土)オープンした。

メニューは、サムギョプサル1000円包み野菜付き、トッポギ400円、冷麺500円、スンドゥブチゲ500円、豚チムチチゲ700円、チーズキンパ500円、チーズボール5個400円、ナムル300円、韓国海苔200円、プテチゲ1500円サリ麺付き、ジンラーメン400円たまご入りのほか、デザートにトッポギきな粉300円やホットク300円などもある。

場所は、門司港の飲食街「仲町通り」沿いにある「snackりかちゃん」2階(下地図参照)で、営業時間は18時から深夜2時までとなっている。

トンセンとは韓国語で年下の兄弟、つまり弟・妹のことだが、実際に血のつながりのない弟分や妹分のことも指す。

ちなみにナムドンセンは「弟」のことで、ヨドンセンは「妹」のこと。

上記は取材日時点の情報です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報