2021年12月29日水曜日

ドラッグストア多過ぎ?魚町銀天街「ドラッグイレブン魚町店」閉店計画


ツルハグループの株式会社ドラッグイレブンは、魚町銀天街のドラッグストア「ドラッグイレブン魚町店」(福岡県北九州市小倉北区魚町3丁目1-10)を、2022年1月19日(水)で閉店計画している。(写真は12月28日撮影)

魚町銀天街には複数のドラッグストアがあり、激戦区といった感じになっているが、ちょっと多過ぎの感があるのも確かといったところか?

ドラッグイレブン魚町店では、すでに閉店セールが始まっていて、店内全品30%引きとなっているが、筆者が伺った時は、まだまだ店内の商品は豊富に残っている様子だった。

しかし同じ通り沿いのすぐ近くでは、つい先日の12月26日(日)に既報の焼きたて食パン専門店「一本堂 小倉魚町店」が閉店しており、さらに11月28日(日)には既報の「丸亀製麵 小倉魚町店」が閉店していて、「ドラッグイレブン魚町店」はかなり店舗も広くて集客もあり、目につく店舗でもあるので、魚町銀天街が寂しくなる気がする。 

はやく後継店が決まってくれるとうれしいですね。

上記は取材日時点の情報です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報