2021年12月20日月曜日

北九州から日本を繋ぐ!eスポーツイベント「e-Football SDGs Cup 2021 in Kitakyushu」開催

新型コロナウイルスの感染拡大により、各種スポーツ競技が中止等に追い込まれている中、少人数かつ遠隔地でも臨場感のある観戦体験を楽しむことが可能であり、開催地以外にも広くコミュニティの輪を広げることができるデジタル時代の新スポーツ、「eスポーツ」に触れる機会を増やすべく、高校生を対象とした「e-Football SDGs Cup 2021 in Kitakyushu」大会が、2021年12月21日(火)13時から16時(予定)開催される。(画像は北九州市提供)

 

開催概要

あるあるCity7階ホール(メイン会場)と他県の高校をインターネットで接続し、令和元年の「いきいき茨城ゆめ国体」でも採用されたサッカーゲーム「eFootballウイニングイレブン(コナミデジタルエンタテインメント社製)」で、チーム対戦(予選6戦、エキシビジョン1戦、準決勝2戦、3位決定戦1戦、決勝1戦)を行います。

予選は各校オンラインで行います。予選のダイジェスト映像と決勝トーナメントの様子に実況・解説を加え、ゲスト(ギラヴァンツ北九州クラブコーディネーター・池元友樹氏)を交えながら進行し、その様子をYouTubeでライブ配信します。

 

参加校

豊国学園高等学校(北九州市)
福智高等学校(田川市)
おかやま山陽高等学校(岡山県)
九州文化学園高等学校(長崎県)
日本文理大学附属高等学校(大分県)
香川県藤井高等学校(香川県)

 

新型コロナウイルスの感染予防のため、一般の方は会場には入れないが、多くの方に応援していただくため、試合の様子をYouTubeでライブ配信する。

(注)当日は一般の方は会場には入れません。

大会の様子はYouTubeでご覧ください。

YouTubeチャンネル【Football SDGs】(外部リンク)

 

上記は取材日時点の情報です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報