2022年1月15日土曜日

JR「小森江駅・九州工大前駅・枝光駅・陣原駅・安部山公園駅・朽網駅・志井公園駅」きっぷ販売窓口廃止

九州旅客鉄道株式会社(JR九州)は、2022年3月12日(土)より駅体制の見直しとして、29駅で終日駅員が不在となるほか、48駅できっぷの販売窓口を廃止することを発表した。(写真はJR小森江駅)

北九州市内では終日駅員が不在になる駅はないが、きっぷの販売窓口が廃止される駅は、「小森江駅」「九州工大前駅」「枝光駅 」「陣原駅」「安部山公園駅」「朽網駅」「志井公園駅」の7駅だ。

乗車の際は駅設置の券売機でのみきっぷを購入することができるとしている。

上記は取材日時点の情報です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報