2022年4月5日火曜日

築70年の長屋を改築シェア型書店「ぼくの書店」黒崎にオープン


「ぼくの書店(BOKUNO BOOKS)」(福岡県北九州市八幡西区黒崎4丁目4-11)が、2022年4月3日(日)オープンしたことが、読者「ぼくの書店」さまからの情報でわかった。(写真上は店内、イラストはお店のロゴ、共に「ぼくの書店」さま提供)

築およそ70年の長屋を改築し、その一室に本棚を設置して、その区画を貸し出して本棚オーナーさんと共同で運営を行うシェア型書店だ。

ぼくの書店「おしたか」さまによると、「東京・吉祥寺のブックマンションや、糸島の顔が見える本屋さんを参考に、黒崎駅前のクロサキメイト内にあった大型書店のなくなった黒崎でもやってみたいと思い、企画・開業した。」とのこと。

1区画30cm四方で、1ヶ月 通常2,000円(学割は1,500円)(4月度は週末営業月間で一律1,000円)の本棚レンタル料金となっている。

売上手数料は、本:1冊50円、雑貨:20%で現在計53区画のうち21区画が既に埋まっており、遠くは東京や沖縄など遠方からご参加していただいてる方もいるとのこと。

本はもちろんアートやボードゲーム、文房具や雑貨が並んでいる。
 
一旦4月度は、金・土・日 11:00~19:00の営業とのことだ。
 
「ぼくの書店」さま、情報提供ありがとうございます。

情報提供は自薦他薦問いません。


お店をPRしたい方や、知り合いの店を応援している方、いつも通る道沿いでオープン予定を見かけたといった方など、なんでも大歓迎です。

採用させていただいた記事は、「Googleニュース」にも表示されるかも?

皆さん、よろしくお願いします。
 
上記は取材日時点の情報です。

過去記事サイト内検索 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報