2022年4月11日月曜日

大切な家族であるペットのために「犬と猫のマイクロチップ情報登録」スタート

ブリーダーやペットショップで販売される犬や猫について、2022年6月1日(水)から、マイクロチップの装着が義務化される。(画像は北九州市提供)

ブリーダーやペットショップ等で購入した犬や猫にはマイクロチップが装着されていて、飼い主になる際には、自身の飼い主の情報に変更する登録が必要となる。

さらに、マイクロチップが装着されていない犬や猫を譲り受けた場合や、拾った犬や猫に御自身でマイクロチップを装着した場合には、飼い主の情報の登録が必要になる。 

犬や猫のマイクロチップを既存の民間登録団体に登録している飼い主の方へ犬や猫のマイクロチップを既存の民間団体(Fam、JKC、AIPO等)に登録している飼い主の方は、2022年5月31日(火)までに手続きすれば無料で環境省のデータベースにも登録できる。

関連リンク
マイクロチップ登録制度に関する飼い主の方向けQ&A(外部リンク)

犬と猫のマイクロチップ情報登録移行サイト(外部リンク)

上記は取材日時点の情報です。

過去記事サイト内検索 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報