2022年5月6日金曜日

全国初!新アミューズメントパーク「ASOBLE」グランドオープン!写真付きで詳しく紹介


株式会社ワイドレジャーが、2022年4月28日(木)開業した既報の商業施設「THE OUTLETS KITAKYUSHU(ジ アウトレット北九州)」(福岡県北九州市八幡東区東田4丁目1番1号)内に、全国初の新業態「ASOBLE(アソブル)」をオープンした。(写真は株式会社ワイドレジャー提供)

すでに行かれた読者の方も多くいたようで、たくさんの写真を送っていただきありがとうございます。

 

コンセプトは「遊べば遊ぶほど未来が良くなる場所。」
アミューズメント施設「楽市楽座」を全国に運営するワイドレジャーが、従来のゲーム機器を中心とした施設ではなく、「ゲーム」に加え、「遊び」「学び」「体験」「カフェ」からなる、新アミューズメントパーク「ASOBLE」を運営します。この新業態「ASOBLE」は、遊び(ASOBI)と可能性(~BLE)を掛け合わせたオリジナ名称で、ジ アウトレット 北九州のエンターテインメント棟に面した全天候型の新アミューズメントパークです。「ASOBLE」では、遊びを通じて未来を考えるキッカケになるゲームを開発したり、欧州発祥の遊具を集めたり、みんなが遊んでくれた分だけ地域の子どもたちのために寄付するシステムをつくったりと、たくさんの新しい想いを詰め込みました。

 

■有料コンテンツ
絶滅危惧種を救うコンテンツ初登場!オリジナルARシューティングアトラクション
「ANIMALNIA(アニマルニア)」

ANIMALNIAは、遊びながら環境問題と絶滅危惧であるどうぶつのことが学べる、ASOBLEオリジナルのARシューティングアトラクションです。専用のシューティングガンで環境破壊モンスターを倒して、絶滅危惧どうぶつを救っていきます。参加したこどもたちはこの体験を通して、どうぶつたちのためにできる、環境を守る取り組みを学ぶことができます。体験終了後は、ANIMALNIAオリジナルどうぶつカードが1枚もらえます。
・利用料金/500円・対象年齢/5歳〜


・総合演出:1→10
1→10(ワントゥーテン)は、人間の永遠の課題に挑み、創造力で人類の可能性をひらく、近未来クリエイティブカンパニー。最先端のAI技術を駆使したサービス開発やプロジェクションマッピング・XRを活用した数々のプロジェクトを日本国内及び世界各国で展開する。

・コンテンツ監修協力
京都大学名誉教授 森本 幸裕 / UDS株式会社

 

ASOBLE名物 世界初!?2つのオリジナルクレーンゲームを導入!!
「チャリティクレーン」「メガクレーン番長」(写真左:チャリティクレーン、写真右:メガクレーン番長で遊ぶ子どもたち)

ASOBLEには、2つの名物クレーンゲームがあります。1つ目は、売上の一部を地元北九州市の学校応援基金などに寄付していくチャリティシステム「チャリティクレーン」。館内に12機を設置し、こどもたちの“楽しい時間”が、誰かへのプレゼントになる世界にここだけの新しい循環システムです。2つ目は、全長4メートル超え、日本最大級のオリジナルクレーンゲーム「メガクレーン番長」。でっかいぬいぐるみも小さく見えるインパクト!どんな商品 が手に入るのかはオープン後のお楽しみ。本当に大きいので一度見に来てほしいです!

 

■無料コンテンツ
館内に無料で遊べるコンテンツが盛りだくさん!遊びゴコロあるネーミングにも注目!(写真上段左から「発電遊具シリーズ」の発電ブランコ・発電スピナー・発電シーソ、写真下段左から:「ふわふわドーム」「スベリほう台」「迷宮の壁」)

 

【館内装飾】
てのひらアート®︎アーティスト板⿐美幸さんとコラボ!縦3m×横9mの巨大アートを館内壁面に掲出!

ASOBLE開業にあたり、北九州らしさを館内の装飾にも施したいと考え、てのひらアート®アーティストである板鼻美幸さんといっしょに巨大アートを作成しました。モチーフは、北九州市の花である「ひまわり」。施設の工事に関わってくださった関係者のみなさま、そのご家族、近隣のイオンモール八幡東でのワークショップ参加者のみなさまのたくさんのてのひらが、1つの巨大アートになりました。掲出場所は、ふわふわドームの背後にある大きな壁。明るく、太陽を⽬指して空⾼く伸びてゆくひまわりの姿は、ASOBLEの⽬指すコンセプトと⼦どもたちの姿に重なります。

 

【館内照明】
室内に入っても外で遊んでいるような感覚に省エネかつ太陽光を再現した照明を採用(写真左から朝→昼→夕方/夜の調光を再現)

「遊べば遊ぶほど未来が良くなる場所」は、そこで遊ぶヒトたちに最も優しい場所であるべきと考えます。ASOBLEは、ヒト本来の営みである「陽が登ったら活動を開始し、陽が沈んだら眠る」といった地球本来の環境に少しでも近づけ、外部の光との親和性を図ることで体内リズムを狂わせることなく心ゆくまで遊んでもらえる、そんな光の演出を大切にしています。
今回、可能な限り省エネルギーに配慮したLED照明器具「Synca」と最新鋭の制御システム「SmartLEDZ」を併せて採用することで、朝から夕方まで、1日を通して変化する太陽光をイメージした光が降り注ぎ、随所に配置した植栽との相乗効果で、屋内にいながらものびのびと屋外の公園で遊んでいるような健康的な気分にさせる、そんな空間に仕上がりました。

 

上記は取材日時点の情報です。

過去記事サイト内検索 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報