2022年5月21日土曜日

グリーンパークにキャンプ場「ひびきなだキャンプベース」福岡放送ほかが計画

「響灘緑地(グリーンパーク)」(福岡県北九州市若松区竹並1006)内の大芝生広場の西側に、株式会社福岡放送と株式会社オリエンタルコンサルタンツで構成する「響灘アーバンアウトドアパートナーズ」が、「(仮称)HIBIKINADA CAMP BASE(ひびきなだキャンプベース)」を、来年(2023年)3月オープン予定で新たにキャンプ場の整備を計画している。(キャンプ場イメージパースは北九州市提供)

最大の魅力は 都心に近い“公園で遊んで公園に泊まれる” こと。

充実したアクティビティが豊富に揃うグリーンパークで、一日中遊んだ後は同園内で、ゆっくりとキャンプが楽しめる。

“都市公園(自然や豊かな緑)✕アウトドアライフ(屋外生活・活動)” それぞれがもつ魅力を最大限に活かして、公園の新しい使い方やサービスを提供していくとしている。

キャンプフィールド:約16,000平方メートル
宿泊サイト数:58区画(電源付きオートサイト、フリーサイト)
施設:管理棟(物販有)1棟、炊事棟(シャワー設備、トイレ有)
設置管理許可:10年間を予定(更新は可能)

予定スケジュールは、令和4年5月から令和4年9月「造成工事」、令和4年10月から令和5年2月「キャンプ施設の工事」、令和5年3月「キャンプ場営業開始」となっている。

北九州市は都心に近い場所でも、豊かな自然の中で手軽にアウトドアが楽しめることから、都心近郊フィールドでのアーバンアウトドアを推進している。

上記は取材日時点の情報です。

過去記事サイト内検索 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報