2022年11月18日金曜日

旦過地区に「最大26区画の仮設店舗」整備!来年4月から順次営業開始計画

旦過地区再整備事業の更なる推進を図るとともに、旦過市場のにぎわいを創出することを目的に、仮設店舗を整備することが決まった。(イメージ画像上は小文字通側から見た建物外観、イメージ画像下は建物全体像、共に北九州市提供)

計画では、来年(2023年)2月より整備工事を行い、4月より順次営業開始を目指すとしている。

概要は以下の通りだ。

計画概要
【場 所】小倉北区魚町四丁目2番(新旦過横丁跡地)※図の赤丸
【面 積】約1,100㎡(仮設店舗敷地分)
【区画数】 最大26区画
【通路幅】 2.5~3.0m程度

仕 様
【建物構造】 軽量鉄骨造(プレハブ1階)
【店舗面積】 1区画あたり約14.5㎡ [約4.4坪]<間口約2.7m、奥行5.4m程度>
【防火関連】 主要構造部は不燃材料を使用
【主要設備】 上下水道、電気、都市ガス

仮設店舗の設置期間はA地区立体換地建築物の完成までを予定している。

上記は取材日時点の情報です。

過去記事サイト内検索↓

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報