2019年12月27日金曜日

西鉄高速バス「小倉~福岡空港(国内線)線」廃止計画


西鉄バス北九州株式会社は、西鉄高速バス「小倉~福岡空港(国内線)線」を、2020年1月13日(月)で運行終了することを発表した。(写真は西鉄高速バス、ウイキペディアより)

理由としては、利用客が減っていることと、労働力の確保が困難な状況が続いているためとしている。

廃止の運行経路は、砂津~小倉駅前~平和通り~三萩野~高速皿倉山ケーブル~黒崎インター引野口~高速千代ニュータウン~直方パーキングエリア~若宮インターチェンジ~福岡空港国内線で、運行本数は平日24便、土24便、日祝24便運行している。 

小倉や八幡から福岡空港までは新幹線とかJRを使う人が多いのかな?
北九州空港行きのバスはいつも満席になっているイメージがあるんだけどね。

筆者も、福岡空港へ行くときは新幹線が多いかな?博多駅からも地下鉄があって便利だしね。
でも、帰りは福岡空港から乗り換えずに小倉まで帰ってこれるので、高速バスを利用してたんだけどな。

西日本鉄道株式会社は、高速バス「小倉~福岡空港線」運行終了について、『西日本鉄道(株)は、2020年1月13日(月)をもって、高速バス路線「小倉~福岡空港線」の運行を終了いたします。 当路線は北九州の小倉地区より八幡西区を経由して福岡空港国内線までを運行する高速バス路線です。近年ご利用の少ない状況が続いており、運行を維持するためにダイヤの調整や運賃見直しなど、様々な施策を講じてまいりましたが、収支改善が見込めないことに加え、労働力の確保が困難な状況が続いているため、これ以上の運行継続は困難と判断いたしました。 当路線の運行終了により、北九州地区から福岡空港への直通路線は、小倉地区より中谷地区・博多駅を経由し福岡空港国際線まで運行をする「北九州~福岡線・博多駅系統」のみとなります。 ご利用のお客さまには大変ご迷惑おかけいたしますが、ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。』としている。

上記は取材日時点の情報です。