2020年6月5日金曜日

ライブハウス「ミュージックバー オールディーズ」閉店

ミュージックバー「オールディーズ」(福岡県北九州市小倉北区船場町6−1麻布ビル2F)が、本日2020年6月5日(金)閉店を発表した。(写真は6月5日撮影)

小倉で11年営業しているライブハウスで、コロナの影響で2020年4月1日(水)より休業していたが、今回の北九州市のクラスターで再開の目途が立たなくなったのが原因とのことだ。

店頭には、『新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、さまざまな社会活動が自粛され色々と対応に追われる日々をお過ごしのことと存じます。皆様、お変わりありませんか。4月7日には福岡を含む七都府県そして16日には全国に緊急事態宣言が出されそれが解除されたとたんに北九州で第二波といわれるコロナに感染された方の数も増えています。オールディーズでも3月はライブを中止、4月・5月は臨時休業と対応してまいりましたが未だにライブハウスという形での営業再開への道が見えて来ません。この状況では楽しみにしてくださっているお客様やライブをしていただくバンドの方たちの安全確保が難しく、閉店することに致しました。2009年5月のオープン以来、今日まで北九州の音楽文化を盛り上げようと頑張ってまいりましたが、残念な気持ちでいっぱいです。オールディーズを支えていただいたことに感謝いたします。今から曲を聞けば「ああ あのバンドさんがやっていたなあ」と懐かしく思うはずです。一日も早くこの事態が終息することを心から願っています。いままでありがとうございました。いい思い出になりました。またいつかどこかで会えることを楽しみにしています。』という貼紙がオーナー名であった。

筆者も常連客の一人として利用していただけに非常に残念な閉店だ。

こころなしか、店先のエルビスプレスリーも寂しそうに見えた。

上記は取材日時点の情報です