2020年10月26日月曜日

資産運用型マンション「グランフォーレ古船場町」新築中

株式会社コーセーアールイーが、資産運用型マンション「(仮称)グランフォーレ古船場町」(福岡県北九州市小倉北区古船場町9)を新築中だ。(写真は10月20日撮影)

場所は、浅香通沿いのコインパーキング「タイムズ古船場町第2」跡地。(下地図参照)

建築計画では、建築主は株式会社コーセーアールイー、敷地面積598.44㎡、鉄筋コンクリート造、地上15階(中高層建築物の高さ44.95m)、建築延べ面積4,257.92㎡、住戸数98戸、用途は共同住宅、2019年1月11日着工予定、2020年11月30日完了予定となっている。 

資産運用型マンションとは、マンションの一部屋を人に貸すことで、安定的な家賃収入が期待できる、多様なニーズに対応した資産運用商品だ。

少額の自己資金で取り組み、毎月のローン返済を家賃収入で賄いながら、退職までの時間を有効に使って、将来的な年金対策や相続税対策、生命保険の代替、分散投資などとして利用している。

上記は取材日時点の情報です。

0 件のコメント:

コメントを投稿