2021年3月31日水曜日

また一つ新しいフードデリバリーがスタート「Wolt」北九州市でのサービス提供開始

また一つ、新しいフードデリバリーがスタートした。(写真はイメージ)

おもてなしデリバリー「Wolt」が、2021年3月25日(木)より北九州市でのサービス提供を開始。

「Wolt」は、2014年フィンランド・ヘルシンキでサービス開始、現在23か国140都市以上で展開しており、日本では2020年3月に広島での提供開始を皮切りに、東京など8都道県10都市に展開エリアを広げている。

北九州エリアでは北九州市一部からスタートし順次配達エリアを拡大する予定だ。

Woltの特徴は「おもてなしの顧客体験」「¥99からの安価な配達料金」そして「地元で愛される名店の多さ」だ。

北九州市ではサービス開始当初は50以上の人気店が加盟、今後順次拡大を目指すとしている。

創業の地フィンランド・ヘルシンキは、低い人口密度や悪天候などによりデリバリーサービスにとって厳しい環境で知られている。

Woltはその環境下において築き上げた、「業界最高水準の配達効率性」と、「30秒以内に初返答を行うチャットサポート」でこれまでフードデリバリーアプリ最高評価(アプリストア平均4.8点)だ。

30分程度の配達時間内に的確にお届けする事、また起こりうる問題に対してスピーディーかつ丁寧に解決を行う事で「世界最高の顧客体験」を提供。

またWoltの配達パートナーは、交通安全ルール遵守やサービス提供者としての心得などを含む説明会に必ず参加、更に適性テストに合格した質の高いパートナーのみで構成され、ユーザーやレストランが安心できるサービスを提供する。

またレストランに北欧デザインの「Woltオリジナル紙袋」やお客様への想いを綴れる「Thank you!カード」を提供するなど、幸せの国・フィンランドならではの「温かみのあるおもてなし」を取り入れていることも特徴となっている。

上記は取材日時点の情報です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報