2021年10月18日月曜日

格上げして規模も2倍に!下関の星野リゾート「OMO」から「リゾナーレ」に計画変更

北九州市内の情報ではないが、株式会社星野リゾートが、山口県下関市に開業予定のホテルを、当初の都市観光ホテル「OMO(おも)」から、リゾートホテル「リゾナーレ」に変更したことがわかった。(写真は関門橋、北九州市提供)

関門海峡を望む景観など周辺の観光資源を考慮して、より高価格帯のブランドに格上げした形だ。

きっと、下関側から見た「北九州市」の景観が良いのと、門司港レトロなどの観光資源を考慮したのでしょう!(笑)

ホテルの建設予定地は、遊園地「はい!からっと横丁」の南側に隣接する約1.8ヘクタールで、下関市が2021年6月、市議会に示したホテル事業の概要によると、建築面積は約3,600平方メートル、延べ床面積は約1万9千平方メートルで、当初計画の2倍となる。

建物の高さは約50メートルで地上12階建て。客室は約190室を備え、平均面積は約50平方メートル。カフェやプール、ダイニングなども併設される。

新型コロナウイルスの影響もあり、着工時期も予定より遅れているが、来年(2022年)2月から順次、建築工事を始める予定となっている。

上記は取材日時点の情報です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報