2021年9月25日土曜日

JR陣原駅前あんしんとにぎわいとやすらぎの街へ「東折尾地区市有地開発事業」計画概要


JR陣原駅前「東折尾地区市有地開発事業」の再開発計画の情報を読者「ガクソ」さんからいただいた。(イメージ画像は北九州市提供)
 
計画によると、JR陣原駅前(福岡県北九州市八幡西区陣原一丁目2街区)の市有地20,500.01平方メートル(約2ヘクタール)を、松尾組・しょうわ会・大英産業連合体が開発するというものだ。
 
計画では、コンセプトは~あんしんとにぎわいとやすらぎの街~「駅前≪医・商・住≫複合施設」で、事業期間は2022年3月~2025年4月(予定)、病院として病院棟 病床数約200床(5階建て、建物面積15,200㎡)、アメニティ棟として薬局・カフェ等(1階建て、建物面積500㎡)、立体駐車場棟250台(3階建て、建物面積4,500㎡)、商業施設としてはスーパーマーケット(1階建て、建物面積2,400㎡)、共同住宅48戸(13階建て、建物面積4,000㎡)となっている。
 
先日お知らせした既報の、家族のスパリゾート「パビリオ陣原の湯」閉店も、少し早いような気もするが、この計画を見越してのことなのかな?

計画図(下記参照)を見る限りでは、既存の「ダイソーエコ・フレンドリー八幡陣原店」、「アウトレット家具や姫」、「アミューズメントMGM」、「さくら亭」、「うどん満月 陣原駅前店」、「バグジー陣原店」、「ことぶき整骨院 陣原院」、「明治堂」、「ナリス ビューティ サロン 陣原店」などがある区域になっていることから、少なくとも一旦は全店閉店になるのかな。

読者「ガクソ」さま情報提供ありがとうございます。

情報提供は自薦他薦問いません。


お店をPRしたい方や、知り合いの店を応援している方、いつも通る道沿いでオープン予定を見かけたといった方など、なんでも大歓迎です。

採用させていただいた記事は、「Googleニュース」にも表示されます。

皆さん、よろしくお願いします。

上記は取材日時点の情報です。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報