2021年11月10日水曜日

北九州初!溶岩プレート焼「地鶏食堂 小倉北店」出店計画

「地鶏食堂 小倉北店」(北九州市小倉北区船場町7-14船場エステートビル1階)が、2021年11月27日(土)プレオープン、12月3日(金)オープン予定で出店を計画している。(写真は11月9日撮影)

福岡・早良区に本店のある「溶岩プレート」焼を採用している店で、特徴は「溶岩プレート」の持つ遠赤外線効果で焦げずに「フックラ」と焼き上がること。

更に「溶岩プレート」には肉から滴り落ちた、鶏や牛の脂が残り、この脂が様々な野菜に絡まるため、「野菜が美味しく焼ける」のが、他の調理法では味わえない最大の特徴だ。

地鶏食堂は今年に入り、「青海島 海鶏」「三連水車店」「防府店」「笹栗店」と、複数新店をオープンしているが、北九州市内には初出店となる。

小倉北店の場所は、昨年(2020年)4月10日(金)オープンした既報の、昼は「とんかつ藍」、夜は「焼きもんや菜's」になる店のすぐ近く(下地図参照)で、現在は内装工事中のようだが、店名の看板はすでに設置されていた。

上記は取材日時点の情報です。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目情報